本文へスキップ

工事情報 上田市の住宅/屋根新規工事の紹介 長野県安曇野市の石井建築板金.塗装は外壁塗装/屋根塗装/屋根葺き替え/外壁サイディングを専門とする 個人事業所です。

電話でのお問い合わせはTEL.0263-87-6768

〒399-7101:長野県安曇野市明科東川手562-1













住宅/屋根葺き 防水シート張り工事

上田市の住宅/屋根新規 防水シート張り工事画像 上田市の住宅/屋根新規 防水シート張り工事画像.1


住宅/屋根葺き 唐草取り付け工事

上田市の住宅/屋根新規 唐草取り付け工事画像 上田市の住宅/屋根新規 唐草取り付け工事画像.1


住宅/屋根葺き ガルバリウム鋼板横平葺き工事

上田市の住宅/屋根新規 ガルバリウム鋼板横平葺き工事画像 上田市の住宅/屋根新規 ガルバリウム鋼板横平葺き工事画像.1


住宅/屋根葺き ガルバリウム鋼板横平葺き工事 完成

上田市の住宅/屋根新規 ガルバリウム鋼板横平葺き工事完成画像 上田市の住宅/屋根新規 ガルバリウム鋼板横平葺き工事完成画像.1


住宅/屋根葺き 防水シート張り工事

上田市の住宅/屋根新規 防水シート工事画像 上田市の住宅/屋根新規 防水シート工事画像.1


住宅/屋根葺き ガルバリウム鋼板立て平葺き工事

上田市の住宅/屋根新規 ガルバリウム鋼板立て平葺き工事画像 上田市の住宅/屋根新規 ガルバリウム鋼板立て平葺き工事画像.1


住宅/屋根葺き ガルバリウム鋼板立て平葺き工事完成

上田市の住宅/屋根新規 ガルバリウム鋼板立て平葺き工事完成画像 上田市の住宅/屋根新規 ガルバリウム鋼板立て平葺き工事完成画像.1


住宅/屋根工事 破風板取り付け工事

上田市の住宅/屋根新規 破風板取り付け工事画像 上田市の住宅/屋根新規 破風板取り付け工事画像.1


住宅/屋根工事 破風巻工事

上田市の住宅/屋根新規 破風巻工事画像
上田市の住宅/屋根新規 破風巻工事画像.1


屋根葺き替え工事内容

工事個所
屋根新規工事 破風板 破風巻
仮名
上田 信二 様邸
所在地
〒399-0000
長野県上田市
屋根工事年月日
2018年 10月

新築 屋根新規工事をさせて頂き 大変ありがとうございました。石井建築板金.塗装 一同感謝致します。定期的に屋根の状態を確認にお伺い致しますので宜しくお願いします。何かお気づきの点があればご連絡ください

屋根葺き替え工事とは

葺き替えは 既存の屋根材を撤去し 新しい屋根材に替える工法を言います。葺くとは屋根をおおうことですので、名前の通りの工法です。下地である野地板や防水シートも取り換えるのが一般的です。

劣化によって改修が必要になった屋根に行う場合が多いですが 近年では耐震対策として瓦屋根から軽い屋根材への葺き替えを行うケースも増えています。

屋根葺き替え3つのメリット

1.家の寿命が延びる
2.家の外観を新しくできる
3.軽い屋根にすることで耐震性が高まる


屋根葺き替え時期

葺き替えは大規模な改修ですので 頻繁に行う必要はありません。屋根材の耐久年数を元に目安となる年数は以下のようになります。あくまでも目安なので 天候の影響や メンテナンスによって長くも短くもなります。
1.瓦屋根 50年〜60年
2.スレート屋根 20年〜30年
3.金属屋根 30年〜40年

カバー工法とは

カバー工法は別名重ね葺きとも呼ばれています。既存の屋根を撤去せずに上から新しい屋根材をかぶせる工事をカバー工法といいます。屋根の塗り替えでは十分な修理ができない場合にカバー工法か 葺き替えが使われます。屋根材の表面にはサビやひびがあるものの、下地は傷みがない場合にはカバー工法が有効です。

屋根葺き替え カバー工法工事

カバー工法 4つのメリット

1.工事にかかる費用を抑えられる 
解体工事がほとんど必要なく 廃材が出ないという特徴があります。その結果 解体工事費と廃材処理費がかかりません。葺き替えに比べると この2点において工事費用が安くなります。

2.工事にかかる期間を短くできる
解体撤去工事を必要としないので 葺き替えに比べて、工事の日数が減ります 工事にかかる期間を短縮することができます。工事にかかる時間が短くなると 人件費も削減できるため 価格を抑えられるというメリットもあります。

3.断熱性があがる
 屋根が2重になるので、断熱性があがります。夏の暑さや、冬の寒さを和らげる効果が期待できます。

4.遮音性があがる
 屋根が2重になるので雨の音が室内に響くことを軽減できる効果があります。


カバー工法 3つのデメリット

@耐震性が下がる
既存の屋根材を撤去せず 屋根を2重にするため 屋根の総重量が増えてしまいます。屋根の重量が増すと住宅の重心が高くなり 地震が発生した際に揺れが大きくなるリスクが生じます。

A今後の修理メンテナンス費用が高くなる
屋根が2重になるので雨漏りが発生した際に原因究明が困難となります。そのため修理費用も高くなる場合があります。また後々葺き替えを行う際の費用が高くなるというリスクもあります。撤去にかかる手間 廃材の量が屋根2つ分になるためです。

B屋根の下地が腐食する
撤去しない既存の屋根材には水分が含まれています。しっかり調査せずにカバー工法を行うと水分が逃げ場を失い 屋根の下地を腐食させてしまうリスクがあります。


業者選びがポイント

屋根の葺き替え/カバー工法を行う際に最も重要なポイントは 業者選びです。優良な業者を選ぶことが安さと安心を兼ね備えた納得の屋根葺き替えにつながります。屋根葺き替え工事 単価表はこちらへ